多種多様の使い方|カラーコンタクト選びは慎重に|危険が潜んでいることもある

カラーコンタクト選びは慎重に|危険が潜んでいることもある

レディー

多種多様の使い方

笑っている婦人

様々な用途

メガネと一言で言っても、その種類は豊富で目的別に使い分けることができます。一般的なメガネの使い方としては、悪くなった視力を補う方法が多いのではないでしょうか。しかし、メガネは視力を補助するだけではなく、様々な用途で使うことができるのです。紫外線は目に悪く、浴び続けると視力の低下や白内障を誘発してしまう恐れがあるとされています。そんな目に悪い紫外線から目を保護してくれるメガネもあります。他にもスポーツに適したものや明るいところで光を遮断してくれるもの、色を吸収して見やすくしてくれるものなど、目に優しいものが沢山あります。メガネに気を配ることで、今まで以上に目を保護することができるので、その場に適したメガネをかけるようにしましょう。

フレームに気を配る

メガネのメインはレンズだといわれていますが、レンズの周りのフレームにも注目してみましょう。フレームには色々な種類があり、耐久性やファッション性などで自分に合ったフレームを選ぶことが重要となります。チタンだと塩分に強いので汗で錆びることはありません。金は耐久性に優れていますが、他のフレームよりも重く、金属アレルギーの方には適していません。プラスチックは金属製のフレームには耐久性が劣りますがファッション性が高いものが多くあります。これらのフレームのように、フレームごとの特徴があります。メガネを選ぶときは、フレームに注意しながら選ぶと自分に合ったメガネを買うことができるようになるので、フレームにも気を配るようにしましょう。